具体的なカードローンの選び方

では、実際にどうやって申し込むカードローンを選べばよいのでしょうか。カードローンには銀行、消費者金融、さらに含めるならクレジットカードのキャッシング枠もあると最初に述べました。

このうち、初めてカードローンを利用するならまずはじめに検討すべきは銀行カードローンでしょう。手始めに銀行カードローンを検討すべき理由は、審査に通りにくいという銀行カードローンのデメリットを受けにくいからです。

これまでカードローンを利用したことがない人は、過去に信用情報に載るようなトラブルを起こしていない可能性が高く、また他社借入もないことが多いです。こうした条件が揃っているなら、あとは安定した収入さえあれば審査には通ります。

審査に通ってしまえば、金利が安い、限度額が高い、総量規制対象外と銀行カードローンにはメリットがたくさんあります。あまりデメリットの影響を受けずに、銀行カードローンの恩恵を受けられるのです。

そこで、まずメリットの大きい銀行カードローンを検討し、それが無理そうなら消費者金融カードローンに移行する、という方法が考えられます。

逆のパターンで消費者金融カードローンと契約してから銀行カードローンに申し込むと、消費者金融で認められた限度額の枠が邪魔をして、銀行カードローンの審査に影響がでることがあります。検討する順番としては、銀行から始めたほうが有利なのです。

普段お使いの銀行口座があるなら

銀行カードローンのデメリットのひとつに、その銀行の口座が必要になる場合がある、ということを挙げました。しかし、普段お使いの銀行口座があるなら、その銀行のカードローンを選ぶことにメリットが生まれる場合があります。

それは審査で有利になる可能性がある、ということです。その口座に会社から給与が振り込まれていれば、銀行はその人の毎月の収入を把握できます。また、同時にどれだけの支出があるかもわかります。

これは返済能力の証明そのものであり、銀行側も安心してお金を貸すことができるのです。給与振込口座であれば収入証明不要と宣伝している銀行カードローンもあります。

銀行カードローンを検討するときには、まず普段使いしている口座のある銀行のカードローンを調べてみましょう。また、厳密にはカードローンとは異なりますが、その銀行に定期預金があるならば、定期預金担保貸付を利用することもできます。

定期預金担保貸付とは定期預金を担保にお金を借りることができる制度です。お金が必要だけど定期を崩したくない、というときなどに使え、しかも驚くほど金利が安いです。

定期預金があることが前提となるため、誰もが利用できるわけではありませんが、可能であれば有力な借入先の候補になるでしょう。

利用者のタイプから検討する選び方

銀行カードローンは大手行から地銀も含めると、多くの商品が揃っています。ひとつの銀行が複数の異なるカードローンを展開しているケースもあるため、選び方に困るということもあるでしょう。そこで、利用者のタイプに合った選び方をする、という方法もあります。

例えば、専業主婦が借り入れをしたいというケースです。銀行カードローンは総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でもお金を借りられます。ただし、銀行によって専業主婦への融資を行っているところとそうでないところがあります。

専業主婦が借り入れをしたい、という場合には、専業主婦の利用を認めているバンクイックなど銀行カードローンから選びましょう。銀行カードローンのもうひとつの特徴として、年金受給者が利用しやすいという点が挙げられます。

参考URLバンクイック審査通過しよう

大手の消費者金融カードローンでは、年金受給者が年金収入のみでカードローンを利用することを認めていません。その他の定期収入が必要になってしまうのです。

一方、銀行カードローンはすべての銀行ではありませんが、年金による収入のみでの利用を認めているところがあります。年金による収入で生活されている方がカードローンを利用したいのであれば、それを認めている銀行のカードローンから選ぶ、ということになります。