どんな人向き?賢い銀行カードローンの選び方!

カードローンを選ぶとき、みなさんはまず何を基準にされるでしょうか?宣伝でよく目にするのは金利や限度額、そして即日融資など利用の便利さについてでしょう。もちろんこれらもカードローン選びの重要なポイントではあります。

しかし、カードローンを選ぶときには、もう少し違った視点から検討することも大切です。実はカードローンにはいろいろなタイプがあります。一般的なのは消費者金融が提供しているカードローンでしょう。昔からテレビのCMなどでよく宣伝されています。

さらに最近CMなどで目にすることが多くなったのが銀行カードローンです。これは消費者金融ではなく、銀行が提供しているカードローン。消費者金融のカードローンと仕組みは同じですが、母体となる銀行ならではの特徴も備えています。

最後にクレジットカードのキャッシング枠もカードローンとほぼ同じシステムのキャッシングです。提供する会社の種類によって、カードローンは3種類に分けられるのです。

この3種類のカードローンをグループ分けするならば、銀行カードローンのグループ、そして消費者金融、クレジットカード会社のグループとなるでしょう。銀行は銀行法、残りの2者は貸金業法のカテゴリーとなり、お互いにカードローンの性質が異なっているからです。

カードローンを選ぶなら、まずは銀行カードローンを選ぶのか、それとも消費者金融(またはクレジットカード会社)を選ぶのか、ということになります。

銀行カードローンの特徴は?

どのカードローンと契約するのかを決めるには、まず各カードローンの特徴を知る必要があります。各種カードローンにはそれぞれ長所と短所があるので、自分の状況に合ったカードローンを選ぶことが大切だからです。

銀行カードローンの長所をまとめると

  • 金利が安い
  • 限度額が高い
  • 総量規制対象外

といった点が挙げられます。

これらの特徴のうち、金利や限度額に関しては一般的な傾向であり、必ずしも全ての銀行カードローンにあてはまるわけではありません。ただ、銀行カードローンを選ぶのか、消費者金融カードローンを選ぶのかの参考にはなるでしょう。

一方で銀行カードローンには欠点もあります。それは

  • 審査が厳しめである
  • 延滞に対して厳しい
  • 口座開設が必要な場合がある

といったような点です。

これらの特徴で審査については個別のケースによりけりなので、あっさり審査に通って拍子抜けした、という方も多いです。あまり身構える必要はないでしょう。延滞に関して厳しいのは事実です。

消費者金融カードローンでは短期の延滞はそれほど問題にされないのに対し、銀行カードローンで滞納すると、たとえ数日であっても月をまたいでしまうと信用情報に延滞が記録されてしまいます。口座振替を利用するなど、延滞防止策を用意しておくべきでしょう。

口座開設については銀行によってまちまちです。必要ない、という銀行もあれば、即日で口座開設できるところもあります。

銀行カードローンは消費者金融より金利が安い

さて、銀行カードローンの目玉ともいうべきポイントが、「金利が安い」ということです。

消費者金融カードローンと比較すると、そちらがおおよそ利息に関する法律の上限ギリギリの金利が設定されているのに対し、銀行カードローンは3%~4%ほど金利が安くなっている傾向にあります。

金利の安さでカードローンを選ぶとしたら、まず検討すべきは銀行カードローンということになるでしょう。カードローンの金利を比較するときに見るべきは上限金利です。

カードローンの金利は3%~15%のように下限~上限という表示になっていますが、たいていは上限に近い金利が適用されます。見比べるなら参考にすべきは上限金利であり、消費者金融より数%低いというのも上限金利を比較したものです。

この上限金利を見る方法は、銀行カードローン同士の比較にも役立ちます。銀行カードローンのもうひとつの特徴である限度額の高さ。これも金利の安さに応じたものです。低い金利でお金を貸してもらえるということはそれだけ信用度があるということ。

信用度が高いので大きな金額を貸してもらえる、つまり限度額が高くなるのです。現在は消費者金融カードローンにも高い限度額のものが現れて来ましたが、一般的にはまだまだ銀行カードローンの強みだといえるでしょう。

銀行カードローンは総量規制対象外

金利の安さと並ぶ、もうひとつの銀行カードローンの看板が「総量規制対象外」という点です。総量規制は貸金業法にある規定で、「借り入れは全社合わせて年収の3分の1まで」という決まりになっています。

かなり厳しい制限となっているため、消費者金融やクレジットカード会社が「まだ融資できる」と判断しても、総量規制にかかってしまい、それ以上お金を借りられないという事態もあります。その点、銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法の適用対象です。

銀行カードローンに総量規制はかからないのです。銀行カードローンは総量規制対象外です。よって、年収の3分の1を超える金額も借りることができます。この総量規制対象外であるということから別のメリットも生じます。

それは、収入証明不要で借りられる金額が大きい、ということです。総量規制を守らせるため、消費者金融などには50万円を超える融資の際に必ず申し込みをした人の収入調査が義務付けられています。ところが、銀行は総量規制対象外なのでそういった義務はありません。

銀行が独自の基準で審査できるので、収入証明不要で借りられる金額も消費者金融カードローンなどより大きくなっているのです。銀行カードローンが「100万円まで収入証明不要」と宣伝できるのも総量規制対象外だからなのです。

銀行カードローンの審査はどうなっているの?

金利の安さや総量規制対象外など利用するメリットが大きい銀行カードローンですが、その反面、審査は厳しめになっているというのが世間一般の認識です。銀行といえばお堅いイメージがあり、かつての銀行キャッシングもそういったイメージ通りの面がありました。

現在はかなり改善されてきてはいるのですが、それでも消費者金融カードローンに比べると審査は大変といえるかもしれません。消費者金融カードローンの審査は、消費者金融本体のひとつだけです。それに対し、銀行カードローンの場合は審査がふたつあります。

ひとつは銀行本体の審査、そしてもうひとつは保証会社の審査です。銀行は預金者の預金を元本保証しなければいけないので、リスクをとった経営はできません。

そのため、カードローン経営にも保証会社をつけ、保証料を支払うかわりに、万が一長期の延滞になったときは保証会社から返済金を受け取れるシステムになっています。保証会社にとっても誰に融資するかは経営上、重要なポイントなので審査に参加しているのです。

ただ、この保証会社は消費者金融や信販会社が務めていることがほとんど。審査基準もそれらに準じたものになっています。そして、融資できるかどうかを最終的に判断するのは銀行なので、保証会社がついているからといって、審査の難度が上がるということはありません。

その点は心配しなくてもよいでしょう。

銀行カードローンの審査通過率は消費者金融より低い?

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査に通りにくいというイメージがあります。審査結果には個人差がありますから、審査を受ける人全員がそうだとは言い切れませんが、やはり銀行カードローンのほうが難度は高めです。それは審査通過率にも現れています。

消費者金融カードローンに関しては、審査通過率がデータとして公表されています。それによるとおよそ40%~50%となっています。

銀行カードローンの審査通過率は公表しているところが少ないので平均の比較は難しいですが、ある銀行カードローンが公表しているデータによれば40%を切っています。

銀行カードローンの中でも比較的審査に通りやすいところでその数値なので、銀行カードローンの審査通過率は平均で3割程度になっているのではないでしょうか。そうだとすれば、銀行カードローンの審査通過率は消費者金融より低いと言わざるをえないでしょう。

「半分も審査を通過できていないのか」と驚かれる方もおられるでしょうが、これはあくまで申し込み全てを通算した結果であることに注意が必要です。カードローン審査にはさまざまなルールがあるため、闇雲に申し込んでも落ちることが多くなります。

逆に事前に準備をきちんと行えば、審査通過率はグンと上がります。申し込みをする前にカードローンの特徴を知り、適切なカードローン選びをすることが大切なのです。

銀行カードローンの審査に通過するには

銀行カードローンといえど、審査基準自体は消費者金融カードローンと違いはありません。何か特殊な条件が必要というわけではなく、返済能力や信用情報に問題がないかどうかが主に調べられます。総量規制対象外なので総量規制に引っかかることはありません。

もっとも重要になるのはやはり返済能力です。収入、職業のほか、家賃や住宅ローン、他社借入の返済などが審査の対象となります。それらを計算して毎月どれだけの金額を返済に回せるかを算出し、そこから融資可能額が導き出されます。

他社借入の件数が多ければ即アウト、という意見もあるようですが、最終的にはどれだけの返済能力があるかが問われるようになっています。

とはいえ、やはり他社借入は少ないほうがいいので、返済が済みそうな借り入れがあれば追加返済などを使って返済を終えてしまうほうが審査で有利になります。また、返済を終えてもカードローンの場合は限度額が残ったままです。

これはいつでもお金を借りられることを意味するので、銀行としては借り入れと同じようにみなす場合があります。支障がなければ返済が済んだ不要なカードローンは解約してしまってもよいでしょう。

なお、信用情報に問題があった場合、審査否決になりやすいのは銀行カードローンも消費者金融カードローンも同じです。過去にキャッシングの延滞がなかったか、債務整理の経験はないか、等をチェックしておきましょう。

具体的なカードローンの選び方

では、実際にどうやって申し込むカードローンを選べばよいのでしょうか。カードローンには銀行、消費者金融、さらに含めるならクレジットカードのキャッシング枠もあると最初に述べました。

このうち、初めてカードローンを利用するならまずはじめに検討すべきは銀行カードローンでしょう。手始めに銀行カードローンを検討すべき理由は、審査に通りにくいという銀行カードローンのデメリットを受けにくいからです。

これまでカードローンを利用したことがない人は、過去に信用情報に載るようなトラブルを起こしていない可能性が高く、また他社借入もないことが多いです。こうした条件が揃っているなら、あとは安定した収入さえあれば審査には通ります。

審査に通ってしまえば、金利が安い、限度額が高い、総量規制対象外と銀行カードローンにはメリットがたくさんあります。あまりデメリットの影響を受けずに、銀行カードローンの恩恵を受けられるのです。

そこで、まずメリットの大きい銀行カードローンを検討し、それが無理そうなら消費者金融カードローンに移行する、という方法が考えられます。

逆のパターンで消費者金融カードローンと契約してから銀行カードローンに申し込むと、消費者金融で認められた限度額の枠が邪魔をして、銀行カードローンの審査に影響がでることがあります。検討する順番としては、銀行から始めたほうが有利なのです。

普段お使いの銀行口座があるなら

銀行カードローンのデメリットのひとつに、その銀行の口座が必要になる場合がある、ということを挙げました。しかし、普段お使いの銀行口座があるなら、その銀行のカードローンを選ぶことにメリットが生まれる場合があります。

それは審査で有利になる可能性がある、ということです。その口座に会社から給与が振り込まれていれば、銀行はその人の毎月の収入を把握できます。また、同時にどれだけの支出があるかもわかります。

これは返済能力の証明そのものであり、銀行側も安心してお金を貸すことができるのです。給与振込口座であれば収入証明不要と宣伝している銀行カードローンもあります。

銀行カードローンを検討するときには、まず普段使いしている口座のある銀行のカードローンを調べてみましょう。また、厳密にはカードローンとは異なりますが、その銀行に定期預金があるならば、定期預金担保貸付を利用することもできます。

定期預金担保貸付とは定期預金を担保にお金を借りることができる制度です。お金が必要だけど定期を崩したくない、というときなどに使え、しかも驚くほど金利が安いです。

定期預金があることが前提となるため、誰もが利用できるわけではありませんが、可能であれば有力な借入先の候補になるでしょう。

利用者のタイプから検討する選び方

銀行カードローンは大手行から地銀も含めると、多くの商品が揃っています。ひとつの銀行が複数の異なるカードローンを展開しているケースもあるため、選び方に困るということもあるでしょう。そこで、利用者のタイプに合った選び方をする、という方法もあります。

例えば、専業主婦が借り入れをしたいというケースです。銀行カードローンは総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でもお金を借りられます。ただし、銀行によって専業主婦への融資を行っているところとそうでないところがあります。

専業主婦が借り入れをしたい、という場合には、専業主婦の利用を認めている銀行カードローンから選びましょう。銀行カードローンのもうひとつの特徴として、年金受給者が利用しやすいという点が挙げられます。

大手の消費者金融カードローンでは、年金受給者が年金収入のみでカードローンを利用することを認めていません。その他の定期収入が必要になってしまうのです。

一方、銀行カードローンはすべての銀行ではありませんが、年金による収入のみでの利用を認めているところがあります。年金による収入で生活されている方がカードローンを利用したいのであれば、それを認めている銀行のカードローンから選ぶ、ということになります。

PAGETOP
Copyright © カードローンの選び方 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.