どんな人向き?賢い銀行カードローンの選び方!

カードローンを選ぶとき、みなさんはまず何を基準にされるでしょうか?宣伝でよく目にするのは金利や限度額、そして即日融資など利用の便利さについてでしょう。もちろんこれらもカードローン選びの重要なポイントではあります。

しかし、カードローンを選ぶときには、もう少し違った視点から検討することも大切です。実はカードローンにはいろいろなタイプがあります。一般的なのは消費者金融が提供しているカードローンでしょう。昔からテレビのCMなどでよく宣伝されています。

さらに最近CMなどで目にすることが多くなったのが銀行カードローンです。これは消費者金融ではなく、銀行が提供しているカードローン。消費者金融のカードローンと仕組みは同じですが、母体となる銀行ならではの特徴も備えています。

最後にクレジットカードのキャッシング枠もカードローンとほぼ同じシステムのキャッシングです。提供する会社の種類によって、カードローンは3種類に分けられるのです。

この3種類のカードローンをグループ分けするならば、銀行カードローンのグループ、そして消費者金融、クレジットカード会社のグループとなるでしょう。銀行は銀行法、残りの2者は貸金業法のカテゴリーとなり、お互いにカードローンの性質が異なっているからです。

カードローンを選ぶなら、まずは銀行カードローンを選ぶのか、それとも消費者金融(またはクレジットカード会社)を選ぶのか、ということになります。

銀行カードローンの特徴は?

どのカードローンと契約するのかを決めるには、まず各カードローンの特徴を知る必要があります。各種カードローンにはそれぞれ長所と短所があるので、自分の状況に合ったカードローンを選ぶことが大切だからです。

銀行カードローンの長所をまとめると

  • 金利が安い
  • 限度額が高い
  • 総量規制対象外

といった点が挙げられます。

これらの特徴のうち、金利や限度額に関しては一般的な傾向であり、必ずしも全ての銀行カードローンにあてはまるわけではありません。ただ、銀行カードローンを選ぶのか、消費者金融カードローンを選ぶのかの参考にはなるでしょう。

一方で銀行カードローンには欠点もあります。それは

  • 審査が厳しめである
  • 延滞に対して厳しい
  • 口座開設が必要な場合がある

といったような点です。

これらの特徴で審査については個別のケースによりけりなので、あっさり審査に通って拍子抜けした、という方も多いです。あまり身構える必要はないでしょう。延滞に関して厳しいのは事実です。

消費者金融カードローンでは短期の延滞はそれほど問題にされないのに対し、銀行カードローンで滞納すると、たとえ数日であっても月をまたいでしまうと信用情報に延滞が記録されてしまいます。口座振替を利用するなど、延滞防止策を用意しておくべきでしょう。

口座開設については銀行によってまちまちです。必要ない、という銀行もあれば、即日で口座開設できるところもあります。

銀行カードローンは消費者金融より金利が安い

さて、銀行カードローンの目玉ともいうべきポイントが、「金利が安い」ということです。

消費者金融カードローンと比較すると、そちらがおおよそ利息に関する法律の上限ギリギリの金利が設定されているのに対し、銀行カードローンは3%~4%ほど金利が安くなっている傾向にあります。

金利の安さでカードローンを選ぶとしたら、まず検討すべきは銀行カードローンということになるでしょう。カードローンの金利を比較するときに見るべきは上限金利です。

カードローンの金利は3%~15%のように下限~上限という表示になっていますが、たいていは上限に近い金利が適用されます。見比べるなら参考にすべきは上限金利であり、消費者金融より数%低いというのも上限金利を比較したものです。

この上限金利を見る方法は、銀行カードローン同士の比較にも役立ちます。銀行カードローンのもうひとつの特徴である限度額の高さ。これも金利の安さに応じたものです。低い金利でお金を貸してもらえるということはそれだけ信用度があるということ。

信用度が高いので大きな金額を貸してもらえる、つまり限度額が高くなるのです。現在は消費者金融カードローンにも高い限度額のものが現れて来ましたが、一般的にはまだまだ銀行カードローンの強みだといえるでしょう。

銀行カードローンは総量規制対象外

金利の安さと並ぶ、もうひとつの銀行カードローンの看板が「総量規制対象外」という点です。総量規制は貸金業法にある規定で、「借り入れは全社合わせて年収の3分の1まで」という決まりになっています。

かなり厳しい制限となっているため、消費者金融やクレジットカード会社が「まだ融資できる」と判断しても、総量規制にかかってしまい、それ以上お金を借りられないという事態もあります。その点、銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法の適用対象です。

銀行カードローンに総量規制はかからないのです。銀行カードローンは総量規制対象外です。よって、年収の3分の1を超える金額も借りることができます。この総量規制対象外であるということから別のメリットも生じます。

それは、収入証明不要で借りられる金額が大きい、ということです。総量規制を守らせるため、消費者金融などには50万円を超える融資の際に必ず申し込みをした人の収入調査が義務付けられています。ところが、銀行は総量規制対象外なのでそういった義務はありません。

銀行が独自の基準で審査できるので、収入証明不要で借りられる金額も消費者金融カードローンなどより大きくなっているのです。銀行カードローンが「100万円まで収入証明不要」と宣伝できるのも総量規制対象外だからなのです。